■ top
 ■ cbaニュース
 ■ 事業実績
 ■ 出版物のご案内
 ■ CATV関連報告書
 ■ VOD関連報告書
 ■ 会社概要
 ■ スタッフ紹介
 ■ リンク
 ■ お問い合わせ
 
 
VOD関連報告書
 
 

 
  1. 調査報告書タイトル
    『放送・通信連携時代の「多チャンネル × VOD」市場の動向と将来展望
       ―地上波、ケーブル、衛星、BB配信の連携と競争環境―(2006年版)』

    発行日:2006年1月15日 価格:94,500円(税込)
    A4版331頁 調査期間:2005年10月〜12月
    ★おかげさまで完売いたしました★
  2. 概要
    わが国では、2003年12月に地上デジタル放送が開始され、普及の途上にある。その後も、世界の先進国でデジタル化が進められている。一方、インターネットは瞬く間に世界に普及し、これまでの通信、これまでの放送を収斂しそうな勢いで、放送・通信連携サービスを提供するようになった。
    80年代は、デジタル交換機の導入で、通信分野のデジタル化が行なわれ、90年代半ばより、放送分野のデジタル化が始められた。そして、今、IP化が進展している。
    衛星テレビは、世界を小さくしたが、衛星を個人で持つことは不可能に近い。しかし、インターネットは、個人が自由に情報を発信することを可能にした。音楽コンテンツや映像コンテンツが世界中を駆け巡るネットワークが整備され、家庭のテレビやPCばかりでなく、携帯電話等のモバイル端末でも、音楽や映像を楽しむことができるようになった。今や、携帯電話やPCで、情報を検索する日常生活に慣れたユーザーには、音楽だけでなく映像コンテンツに対する「オンデマンド」欲求が醸成されている。今後1年ほどで、すべての通信機能を持ったディスプレイ付のデジタル機器には、映像コンテンツが配信可能となるであろう。デジタル・コンテンツがネット上で流通する「DCD&CBA(デジタル・コンテンツ・デリバリー&コミュニケーション・ビジネス・エイジ)」を迎えることになった。
    本レポートでは、地上デジタル放送、「多チャンネル×VOD」市場を取り巻く環境の変化、主要な「多チャンネル×VOD」事業者の概要を紹介し、今後の「多チャンネル×VOD」市場の動向を予測している。
  3. ポイント 
    ・「デジタル放送推進のための行動計画(第6次)」のポイントと課題
    ・「多チャンネル×VOD」市場の拡大予測の考え方
    ・HITS導入で進むケーブルテレビの「多チャンネル×VOD」プラットフォームの整備
    ・400万加入を達成したスカパー!の多面展開
    ・FTTHアクセスサービスの加入増で、IP多チャンネル×VOD市場の拡大の可能性
    ・GyaO、TVバンクで始まった無料広告モデルと有料加入契約増への挑戦
    ・米国ケーブルテレビ業界の動向(2005年中間期)
    ・英国デジタルテレビ普及状況(2005年中間期)
 
 
<目次>

第1章 「多チャンネル×VOD」市場を取り巻く環境変化

  1. 放送・通信連携時代における「多チャンネル×VOD」市場への道
    (1) 米国の多チャンネル普及率は85%、日本は20%
    (2) 電話局から始まったデジタル化、そして今IP化
    (3) 放送のデジタル化の先陣を切った米国のディレクTV
    (4) わが国でも多チャンネル市場の競争が始まる
    (5) 「多チャンネル×VOD」市場の拡大競争
    (6) IPで地上デジタル放送を再送信
  2. 地上放送のデジタル化
    (1) 情報通信審議会「第2次中間答申」のインパクト
      ―いよいよ地上デジタル放送普及促進のために、IP、衛星を投入
    (2) 「デジタル放送推進のための行動計画(第6次)」で地デジ普及を促進
    (3) 「第6次行動計画」のポイントと解説
  3. 「次世代ブロードバンド構想2010」の推進
    (1) わが国の高度情報化政策の変遷
    (2) FTTH利用に関する経緯
    (3) 「次世代ブロードバンド構想2010」のポイント
  4. 「次世代IPネットワーク推進フォーラム」設立

第2章 わが国の「多チャンネル×VOD」市場の拡大予測

  1. 「多チャンネル×VOD」市場の拡大の方向性と考え方

  2. ケーブルテレビの「多チャンネル×VOD」市場の拡大予測

  3. スカパー!+ピカパー!の多チャンネルサービスの拡大予測

  4. ブロードバンド加入契約数の推移予測

  5. テレビやパソコンを端末にした「多チャンネル×VOD」市場の拡大予測
    (1) ブロードバンド映像配信事業の動向
    (2) テレビを端末にした「多チャンネル×VOD」市場の拡大予測
    (3) パソコンを端末にしたブロードバンドVOD市場の拡大予測

第3章 ケーブルテレビの現状

  1. 現状のポイント
    (1) 地上デジタル放送の普及に貢献
    (2) ケーブルテレビの現状
  2. ケーブルテレビの現状と推移
    (1)ケーブルテレビの普及状況
    (2) ケーブルインターネット接続サービスの普及状況
    (3) ケーブルテレビ事業者の光化・広帯域化の現状
    (4) ケーブルテレビのデジタル化対応状況
    (5) ケーブルテレビの経営状況
  3. HITSシステムの導入で進むデジタル化、多チャンネル化
    (1)(株)i-HITS
    (2) ジャパン ケーブルキャスト(株)
  4. 連盟傘下のNGFが事業化を目指す「CCBank」
  5. NTTコミュニケーションズの「ケーブルテレビ事業者向け「TS-VODサービス」
    <参考>「NTTCom TS-VODサービス」ヒアリング概要

  6. c.LINKで高速インターネットを実現するケーブルテレビ
  7. ケーブル業界の最新トレンド
    (1) KDDI、東名阪でケーブルテレビ事業者と電話サービスで協業
    (2) JDS、地上光伝送ネットワーク基幹網を利用し、J:COMグループへの配信開始
    (3) 地上光伝送ネットワークでデジタルハイビジョンチャンネルを独占配信
      ―J:COM TVで「FOXlife HD」、「Discovery HD」スタート
    (4) ジュピターテレコム、関西マルチメディアの経営権を取得
    (5) アイセイフティ「交通安全サービス」実験について
      ―子どもの存在をドライバーに知らせ、交通事故低減を目指す実験を開始
    (6) tvkと横浜市内ケーブルテレビ10社が協力協定締結
    (7) (株)i-HITSが(株)ケーブルメディア四国とVODサービス実証実験を開始
    (8) 松下電器から次世代STBが2006年春登場
    (9) 東海地区でVODサービスの実証実験を開始

第4章 衛星多チャンネルサービス

  1. (株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
    (1) 経営指針「中期ビジョン(2005〜2010年度)」
    (2) スカパー!の基本的な2つの方向性
    (3) コンテンツアグリゲーションの強化
    (4) STB供給体制の再構築―スカパーマーケティングによるSTBレンタル
    (5) 衛星による地上デジタル放送の再送信
    (6) オプティキャスト(ピカパー!)の展開
    (7) ケーブルテレビ事業への進出
    (8) オン・デマンド・ティービーと提携したVODサービスの展開
    (9) キャスティング・グリッド
      ―「グリッド・コンピューティング」を応用した多チャンネルIP映像配信技術
    (10) モバイルサービスの開発
  2. モバイル放送(株)

第5章 「多チャンネル×VOD」市場のプレイヤー

  1. (株)ジュピターテレコム/J:COMオン・デマンド
  2. (株)ビック東海/おうちdeシアター
  3. ビー・ビー・ケーブル(株)/BBTV
  4. KDDI(株)/光プラスTV
  5. (株)ケイ・オプティコム/eo光テレビ
  6. (株)オプティキャスト/光Perfec TV!
  7. (株)ぷららネットワークス/4th MEDIAビデオサービス
  8. (株)オンラインティーヴィー/OnlineTV
  9. エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)/ OCNシアター
  10. (株)オン・デマンド・ティービー/オンデマンドTV
  11. (株)USEN/ GyaO
  12. ゲオ・ビービー/GEO@チャンネル
  13. KDDI(株)/Powered Theater
  14. (株)フジテレビジョン/フジテレビ On Demand
  15. (株)東京放送(TBS)/TBS BooBo BOX
  16. 日本テレビ放送網(株)/第2日本テレビ
  17. (株)ネオ・インデックス/ネクステンシブVOD
  18. ジュピターVOD(株)
  19. (株)カルチュア・コンビニエンス・クラブ

【資料編】
◆ 米国ケーブル業界   「2005年中間期産業動向」(NCTA資料より)
T.はじめに
U.盛況の通信市場
V.ケーブルを技術リーダーとする1,000億ドル投資
W.ケーブルは米国をブロードバンド革命へ導く
X.ケーブルは家庭のデジタルTV移行に貢献
Y.視聴者増のケーブル番組
Z.ケーブルは加入者にパーソナルメディアを提供
[.市場リーダーとしての社会的責任
\.産業統計
◆ 英国のデジタルテレビ普及状況  「英国Ofcom2005年第2四半期報告書」

 
 

Copyright (C) Creative Business Agency